車の買取、売却する前に基本的な知識を

あのローバーはいずこへ・・・

イギリスの名門「ローバー」社。
1990年代前半?中盤にかけて、ローバー社のフェアプレイ政策により、
レンジローバーが一気に300万円値下げされるなど(895万円→595万円)、
大胆な価格設定を実現。その結果、大幅に販売台数を増やすことに成功しました。

 

そんなローバーですが、最近ではめっきり街中で見かけることがなくなりました。
その理由は、なんとローバー社が破綻したからです。

 

それでは、現在街中でよく見かけるレンジローバーやミニは、ローバーではないの!?
と驚かれた方も多いはず。
この2つの車種(ブランド)の知的財産権は、現在ローバーではなくなんとBMW社が保有しています。
そのため両車は、エンジンもローバー社ではなく、BMW社製が搭載されています。

 

つまり、イギリス車ではなく正確にはドイツ車になるのです。
ただし、ローバーの商標権自体はインドのタタ・モータスが保有しています。

 

ですので、ローバーブランドの車は、今後もしかすると別の形・方法で世の中に再登場するかもしれません。
また、破綻以前のローバー社で生産されていた、一部車種は、中国の自動車メーカー・上海汽車で生産・販売されています。
ローバーに憧れを抱いている方、思い出のある方はこちらも是非チェックしてみてください。

 

こちらのサイトもおすすめ
ハイエース 買取